がん治療時における、皮膚関連の副作用への対処法 Q&A

がん治療の副作用のほとんどは、標的療法によって引き起こされます。この標的療法は、肺がん、乳がん、直腸結腸がん、肝臓がん、すい臓がんなど、発生頻度の高いがんの治療に用いられます。過去10年間に実用化されたこうした薬剤のおかげで、患者の生存率は上がりました。しかし、予期せずして、大半の患者さんの皮膚にさまざまな副作用を起こすことにもつながったのです。さらには、放射線治療を受けた患者さんの80%に、皮膚にやけどや変色などの影響が出ています。とくに、乳房、頭部、頸部、生殖器官にがんがある人々にこの症状が多く見られました。こうした影響は、痛みやかゆみとして現れることも多く、強い不快感につながります。

Skin Care & Side Effects JPN

No comments yet.

コメントを残す