Tag Archives: PiNK

pink17-july-banners-wigs.002

医療用ウィッグ選びのポイント(Japanese Only)

脱毛をともなう患者さん388人のホンネ FROM PiNK SPRING 2017 p.26-p.27 (オンライン雑誌はこちらをクリック) BY 医療用ウィッグ専門店 スヴェンソン www.katsura-ladys.com ウィッグ購入後、買い直したいと感じたことある “その場の雰囲気に 流されて買った。” 購入時に、もっと選べばよかった… 後悔した人は全体の約50%? ウィッグを持っている患者さん388人にアンケートを実施。そのリアルの椅子を元に医療用ウィッグ選びのポイントを徹底追求しました!       “必要に迫られて購入したが商品とサービスの納得感がなく高すぎると思った。” “他メーカーとの比較をせずに買ってしまい失敗したと感じた。” ”通販で購入したけれど 髪色が合わず結局使っていません。” ”「似合ってる!」と勧められて買ったけど、落ち着いて見たら思ったほど良くない…” ”ヘアスタイルと値段で判断して購入しましたがアフターサービスのあるところが良かったと感じています。” ”TVでは「簡単」と言っているけど、うまく着けられない。何度やっても馴染まない!” ”サイズが合わないのか、ずっと着けていると頭が痛くなってくる。” ”安いものだからなのか、毛の痛みも早い気がする。” ”自然じゃない。いかにも「着けてる」感じがする。” ”重いし、夏は暑い。通気性が良くない。” ”買ったときはよかったけど、だんだんサイズが合わなくなってきた。” “不自然に見える。” “格好がよくなくて外出 できない。” “ツヤがありすぎて年齢に不相応。” ”フィット感がない。” ”襟足が丸まる。” ”いちばん肝心のボリュームが出ない。” ”とにかく、毛が抜ける。” ”髪の毛の量が多すぎて不自然。” ”後ろのカバーが足りない。” ”ワンサイズしかなくて、私の頭に合わない。” “体調が悪いときに手入れがするのが思ったより面倒。プロに頼みたかった。” ”ネット通販で買いましたが アフターケアがまったくなかった。” ”手入れにお金がかかる。” ”市販のシャンプーで洗えない。” ”自分でできるものだと聞いていたけど実際は上手くセットできない。” “お店の人が使い方をしっかり教えてくれなかったのが不満。親切な店を選べば良かったと後悔。” “スタイルをちょっと整えてもらうだけなのに出来上がりまで何日も待たされた。” ”イメージと違うものが出来あがってきた。直してもらえず、納得できなかった。” ”自分に似合うように調整してもらえるお店があることを、購入後に知りました。そっち買えばよかったなと。” ”最初の説明と違う金額を請求された。”

pink17-july-banners-wigs.001

ウィッグ選びで失敗しない 3ヶ条(Japanese Only)

FROM PiNK SUMMER 2017 p35 (オンライン雑誌はこちらをクリック) BY 医療用ウィッグ専門店 スヴェンソン www.katsura-ladys.com これから購入される方、二つ目を検討されている方に 「失敗した」リアルボイスをもとにウィッグ選びで失敗しないポイントをまとめました! POINT1 時間に余裕をもって選ぶ 脱毛してから慌てて購入は失敗のもと 治療方針が決まった時がウィッグ検討のタイミング。あらかじめ脱毛する時期に合わせ、スムーズにウィッグに移行できるのが理想です。脱毛中に変化する髪のカットや、頭皮のケアをサポートしてくれるお店なら安心。治療が始まってから慌ててウィッグを探して失敗したという意見も多数寄せられました。時間に余裕をもって選びましょう。 POINT2 実際に試着してみる 見た目だけで選ばない! カタログやWEBサイトに掲載してあるモデル写真だけで選ばずに、実際に自分の頭に合うものかどうか試着してみましょう。仕事や外出などで長時間ウィッグを着けている時は、着用感も大事なポイント。直接プロから着脱方法を教えてもらうのが一番ですが、通販でも試着用のレンタルシステムがあるので、活用してみても◎ POINT3 サービスを確認する 購入後の心配を減らす最善策 着脱方法やウィッグのケア、自分の髪が伸びてきたときのサイズ調整など、快適なウィッグライフには細やかな調整が大切。気に入ったウィッグが見つかったら、困った時にすぐに対応してくれる環境があるかどうか調べてみましょう。現在では脱毛前のカットや、治療後に髪が戻るまでサポートしてくれる、美容室代わりに使えるお店もあります。 ーあると便利なサービスチェック表ー ウィッグを購入を検討する際に、お店に聞いてみましょう。 サイズ調整 脱毛〜発毛にともなう頭のサイズの変化に合わせて、ウィッグのサイズを調整する必要があります。アジャスターが着いているものは自分で調整が出来ますが、より快適に使用できるようお店で丁寧に手縫い調整してくれるメーカーもあります。 その日仕上げ 購入後に調整や修理を頼んだ場合、引渡しまでに数日かかるケースも。毎日ウィッグを使用している場合、預かり期間が長いと不便なので、すぐに対応できるメーカーが便利です。 個室がある 「脱毛中は美容室に通いにくい」という声も。プライバシーに配慮した設備があると安心です。 アフターケア対応 自分ではできないケア(調整やクリーニング)をしてくれるメニューがあると便利です。 個室がある似合わせるカット 購入後、ウィッグを自分に似合わせてくれるサービス。より自然なウィッグが欲しい方は必須です。

pink17-july-banners.001

夏のじょうずなウィッグ活用法(Japanese Only)

BY 医療用ウィッグ専門店 スヴェンソン ウィッグの洗い方 まずは基本的なことですが、「ウィッグの洗い方」についてご紹介します。 普段、ウィッグをどのように洗っていらっしゃいますか?「家にある普通のシャンプーでウィッグを洗ってもいいの?」というご質問をよくいただきます。もしかしたら、市販のシャンプーで洗っているという方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、市販のシャンプーでただちに問題が生じるわけではありません。しかし、ウィッグの毛材は特殊な加工をしてつくられているため、人毛用に作られている市販のシャンプーだと、洗浄力が強すぎて、傷んでしまう可能性があるのです。汗を書きやすく、ウィッグを洗う機会が増える夏は、ウィッグ専用のシャンプーをご用意されることをおすすめします。 じょうずに洗うコツとしては、あらかじめウィッグに絡みがないように、とかしておくことが大切です。ウィッグのトラブルで多い、髪の毛が絡まるのを予防できます。十分にとかしたら、お湯ではなく水で洗います。手ぐしもしくは、目の粗いブラシを使って根元から毛先の順に少しずつやさしくとかしていき、汗や化粧品の汚れが気になるときはネット部分を軽く押し洗いしましょう。 また、シャンプーだけではきしみも出やすいので、コンディショナーやトリートメントも併用するとよいでしょう。十分に洗ったら、水を数回入れ替えてためすすぎをします。シャワーや水を流しながらすすぐと、ネットの裏側に毛が出やすくなるので注意して下さい。乾かすときは煽るで全体を包み込むようにして水気をとり、その後は型崩れしないようにウィッグスタンドにかけて形を整えてから自然乾燥をしておきます。 この時期は、そうしてもたくさん汗をかきます。においが気になるから毎日洗いたいと思う方も多いと思いますが、洗い過ぎも消耗を早める原因になってしまいます。お仕事などで毎日お使いの方でも、個人差はありますが、1〜2週間に一度のシャンプーで十分です。なお、ウィッグの下にネットやガーゼキャップを着けて使い、そちらをこまめに洗うとウィッグに直接汗や皮脂などがつく心配がなく、快適にお使いいただけます。 この夏、涼しげにスタイルを保つコツ ウィッグを使い続けていると、どうしてもトップなどのふんわり感がなくなってきます。使い始めのふんわり感のあるスタイルを取り戻したいというとき、自宅でできるちょっとしたコツをご紹介します。 まず、ふんわり感がなくなるのは、ウィッグの根元部分がつぶれてしまっていることが原因です。特に使い始めのウィッグは、どうしても慣れていないこともあって頭が浮いた感じにならないかと心配になります。そうすると、スタイリングの際に髪をなでつけてしまい、つぶしてしまう方が多いようです。ウィッグも靴などと同じように、着けているうちに頭の形になじんでくるもの。そこで、なじんでくるのを待つ間は、なるべく根元から空気を入れるようにふわっと軽やかなスタイルを楽しんでいただき、ふんわり感を維持できるようにスタイリングするとよいでしょう。 また、つぶれてしまった根元を戻すテクニックもありまう。水拭きをウィッグ全体に軽く吹きかけて濡らし、襟足部分を持って軽くふると、根元が立ち上がってふんわり感がいくらか戻ります。 いかがでしたか。暑い夏も軽やかなスタイルでウィッグを楽しんでいただき、気分も涼しく快適に過ごせるようにぜひお試しください。

pink17-july-banners-0711.002

7 Ways Gardening is an Exercise in Mindfulness

 From: PiNK SUMMER 2017 p.14-p.15 (Click here to view online magazine) Have you ever wondered why your first glimpse of a patch of crocuses each spring elicits happiness? BY MARTHA BRETTSCHNEIDER Whether or not we have a garden of our own, something in our DNA draws us to flowers. The connection goes beyond appreciating the […]

pink17-june-banners-0703.003

THE POWER OF ONE – BECAME THE POWER OF MANY

From: PiNK SUMMER 2017 p.16-p.18 (Click here to view online magazine) BY TERRY ARNOLD I was told: “We are sorry, but it is most likely too late.” This came after four months of hearing that “there is nothing seriously wrong.” You can imagine my shock after being aware of my body’s condition — getting regular […]

pink17-june-banners-0703.006

Easy Yoga for Everyday『野外ヨガ編』

From: PiNK SUMMER 2017 p.17 (オンライン雑誌はこちらをクリック) BY Sunroom YOGA ポーズを取ることがヨガの目的と考えられがちですが、本来は自分の「意識を向ける」練習対象として、 まず分かりやすい身体を使ったポーズに取り組んでいきます。 自分が今の瞬間体験していることに「意識を向ける」ことができれば、それはもうヨガをしているということ。 五感を呼び覚ましてくれる野外は、そんなプラクティスをするのに最適。 ヨガマットやヨガウエアも用意する必要ありません。自分が一番心地良く感じる服を着て、静かに座ることからまず始めてみましょう。 心地よい座り方で背筋を引き上げ、自分の骨盤を地に根をはるように安定させます。呼吸を繰り返しながら、今聞こえてくる風の音や、土の匂い、肌に触れる太陽の温かさ、 目に入ってくる緑に身を委ねて。細かいことはわからなくても大丈夫、その「意識を向ける」ことが大事なのです。       自分の体の赴くままにすこしずつ首や腕、肩などを動かしていきましょう。           難しいポーズを繰り広げるのではなく、シンプルなポーズを丁寧に意識して行っていく。そうすると普段気づかなかった繊細な感覚に包まれていきます。         身体を動かしたくなったら、バックナンバーを持参して以前紹介したポーズを是非野外でもやってみてください。室内の時とはまた違った体験になるでしょう。         木々も鳥たちも虫たちも、私たちも、ただそこに存在する。それだけでいい。命を育んでくれる自然、命を運んでくれる身体、命を繋いでくれる呼吸、胸の中心に手を当て感謝の気持ちを。         監修:渡部 累(わたなべ るい) SunroomYOGA 主宰。 ホリスティックな生き方を教えてくれるヨガを広めるため、都内中心にレッスンを運営。 自然保護ボランティア活動を始め、倫理的、社会的な問題に積極的に取り組むなど活躍は多岐に渡る。 www.sunroomyoga.com 写真:Richard Grehan (www.imagemill.jp)

pink17-june-banners-0703.002

Cancer Survivorship: Insomnia and Sleep Disturbance

From: PiNK SUMMER 2017 p.12-P.13 (Click here to view online magazine) BY BARRIE CASSILETH, MS, PHD Many cancer patients face sleep problems, such as difficulty falling asleep, frequent nighttime waking, difficulty falling asleep, frequent nighttime waking, rising too early in the morning, or excessive sleeping during the day. Such symptoms may occur in more than […]

pink17-recipes-176=0628.005

SUMMER COOKING – BROTH RECIPES!

From: PiNK SUMMER 2017 p.9 (Click here to view online magazine)  BY REBECCA KATZ THAI COCONUT BROTH PREP TIME: 15 MINUTES | COOKING TIME: 50 MINUTES Am I allowed to say I love this broth? This is like taking your taste buds on a trip to Thailand—infusing Magic Mineral Broth or, if you prefer, chicken […]